バーチカルブラインドはどう付ける?4つの取付けパターンを解説

[投稿日],

縦のラインがきれいで、お部屋をすっきりと広く見せることができるバーチカルブラインド(縦型ブラインド)。病院や会社などの大きな窓に使われることが多いブラインドですが、生地の質感やカラーバリエーションも豊富で、最近では一般家庭での使用も当たり前になっています。

ブラインドの取付方法は基本「正面付け」と「天井付け」の2種類ですが、バーチカルブラインドの場合、4パターンの取付け方があります。おしゃれなバーチカルブラインドをどう取り付けるのが最適なのか、今回は4つの取付け方をご紹介しながら、それぞれの特徴をお伝えしたいと思います。

 

  • 壁面または窓枠外側に「正面付け」

タチカワ ラインドレープ 正面付け
窓全体を覆うようにする「正面付け」と呼ばれる、通常のカーテンと同じような取付け方法です。窓枠の外側もしくは壁面に、左右も窓枠より大きくバーチカルブラインド用のレールを取り付けます。大きく全体を覆うので、窓を大きく見せたり、光漏れを軽減することができます。例えば写真のようにレールの色で楽しむこともできます。

ルーバーを寄せたときに「たたみ代」と呼ばれる“たまり”が何cmくらいになるかを予め確認して、障害物等がなければ「たたみ代」が窓に掛からないような横幅サイズで仕立てると、窓の開閉時や出入りをするときも邪魔になりません。

なお、壁面に正面付けをするときは、下地がある場所かを必ず確認することが必要です。石膏ボードのみの場所に取付けるとネジが効かず落下してしまうので、取付け位置は必ず事前に確認して採寸してください。

 

  • 窓枠の内側に「天井付け」

タチカワ ラインドレープ 天井付け
窓枠の内側にすっぽりと納める取付け方法です。部屋の前に飛び出ないので、すっきりとした印象になります。窓枠は木枠になっていることも多いので、取付けられる場所かどうかはあまり悩まないかもしれません。

ただし、バーチカルブラインドはルーバー(スラット)が80mmや100mmと幅が広いので、意外と奥行きが必要です。8cm以上は必要になると思ってください。スタイルによってはそれ以上必要になる場合もあるので、希望の製品がどれぐらいの奥行が必要かは必ず確認しましょう。

また、正面付けでも説明した「たたみ代」が窓枠の内側に発生します。その分、開口部が小さくなって景色が見え辛かったり、窓の開閉時に邪魔に感じるかも知れないので、使い勝手のいい寄せ方(操作方法)を考えて選ぶといいと思います。

 

  • カーテンボックス内に「天井付け」

ニチベイ アルペジオ カーテンボックス 天井付け
既にカーテンボックスが付いている場合は、このカーテンボックス内天井付けになります。カーテンボックスがあることでレールが隠れるので見た目がすっきりとキレイです。最近は天井を少し掘り上げた、天井埋め込みタイプのカーテンボックスも人気です。

もともとカーテンレールを取り付けられるようになっているので取付け下地は心配ありませんが、奥行きは必ず確認する必要があります。最低でも10cm、スタイルによっては18cm以上必要になるので注意が必要です。横幅はカーテンボックスの内側から1cm程度引いたサイズで製作すると、きれいに納まります。

 

  • 天井に直付けの「天井付け」

タチカワ ラインドレープ 天井直付け
窓の真上の天井に取り付ける方法です。壁と一体化して部屋が大きく見えたり、天井が高く見えたり、バーチカルブラインドの縦のラインが一番映える取付け方法になります。特に掃き出し窓におすすめです。

ただ1点、天井に下地があるかが重要になります。バーチカルブラインドは意外と重量があります。石膏ボードだけだともちろん落下してしまいますし、下地の強度が弱い場合もおすすめできません。必ず下地の有無を確認してください。

もし、今から建てる家で、天井からバーチカルブラインドを付けたい!と思っている場合は、事前に伝えて設計の段階で天井に下地を入れてもらうといいでしょう。

 

  • まとめ

以上、4つの取付けパターンをご紹介しました。バーチカルブラインドの魅力が最大限に活かせるのは天井から床まで吊るす「天井に直付け」する方法です。見た目も美しいですし、空間に広がりを感じさせてくれます。ただし下地が必ず必要なので、その点が問題ないなら、是非おすすめです。

それぞれの状況や予算によって“できる” “できない”があると思いますが、取付ける方法にもこだわって、バーチカルブラインドで窓辺をおしゃれに飾ってください。

 

  • 関連記事

壁にブラインドを取付ける際は、下地の確認をすることが重要です

タイトルとURLをコピーしました