大阪せんば心斎橋のマルクラは創業80周年

取付け方法

一般的な窓の場合

※ご注意ネジのきかないタイル地やコンクリートなど穴を開けられない壁、下地のない壁などには取付することができません。取付箇所の下地の状態をよくご確認ください。

  • 天井付けの場合

    天井付け部ラインドの取り付け方法 ブラケットの取付位置を決め、ビス止めしてください。
  • 正面付けの場合

    正面付け部ラインドの取り付け方法
  • ブラケットにブラインドのヘッドボックスをひっかける ブラケットにヘッドボックスをひっかけ、カチッと音がするまで、押し込んでください。
  • カチッと音がするまで押し込んでください
カーテンレールへ取り付けの場合

※ご注意 カーテンレール内のランナー(玉)を取り外してから、取り付けてください。(ランナーを取り外すことができない場合は、ブラインドの取り付けはできません。)

  • カーテンレールへのブラインドの取り付け方法カーテンレールに取り付ける場合は、ブラケットにカーテンレールビスを取り付けて固定してください。
  • カーテンレールへのブラインドの取り付け方法カーテンレールビスを図Aのように組み込み、カーテンレールの端部からスライドさせて(B)位置を決め、ドライバーで固定します。
  • ※カーテンレールに取り付ける場合は、ご注文の際に「カーテンレールビス要」とご指定ください。製品本体と同時にご注文いただく場合は、カーテンレールビスをサービスいたします。
  • ※カーテンレールビスはオプション部品です。カーテンレールビスのみでのご注文の場合は別途料金が必要になります。
浴室・バスルーム用、ノンビスタイプの場合

※まず最初にプレート受けを貼り付ける壁面を乾いた布等できれいに拭き、両面テープがくっつきやすいようにしてください。

  • プレート受けを貼り付けてブラインドを取り付ける方法 取付け位置を決めたら、プレート受けのツメ側が下になるように、両方の壁面に付属の両面テープを使って貼り込んでください。
  • プレート受けにヘッドボックスを取り付ける方法 1.レバーが図1の位置にあることを確認し、ヘッドボックスをプレート受けに押し当てて、はめ込んでください。 2.左右の隙間が均等になるように製品の位置を調節してください。
  • ヘッドボックスを固定させる方法 1.手で、左右のダイヤルが固くなるまで回してください。
    ※工具などを使用してダイヤルを回さないでください。固く締めすぎると製品が故障する場合があります。
  • ヘッドボックスのレバーを内側へ移動 2.レバーを写真のように内側に操作しヘッドボックスを固定させてください。
  • ボックスカバーを受け側へスライド 3.ボックスカバーをスライドさせて、取り付け完了です。
    ※ボックスカバーからはみ出た両面テープは、カバー内に折り込んで納めてください。