ブラインドの操作ポール「左右位置の転換方法」を解説! – ニチベイ 編

,


ブラインドのメンテナンス方法のひとつ「操作ポールの左右位置の転換方法」について、ブラインド大手メーカー3社である、タチカワブラインド編TOSO(トーソー)編と続きまして、最後の今回は、ニチベイ編です。ニチベイの標準タイプブラインド、ワンポール式の「右操作」を「左操作」に転換する場合の手順をご紹介します。

対象メーカー:ニチベイ
対象ブラインド:ユニーク15・25、セレーノフィット15・25、セレーノオアシス15・25(すべて標準タイプのみ対応)
対象操作方法:ワンポール式
必要工具:マイナスドライバー(あれば)

 

1.ボックスキャップの取り外し

ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 ボックスキャップ取り外し ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 ボックスキャップ取り外し
ブラインド本体を取り外します。操作側のチルターカバーを外し、ボックスキャップを外します。
※チルターカバーは上部の隙間をマイナスドライバーなどで矢印方向(図1参照)に押し上げると簡単に外せます。

 

2.チルターの取り外し

ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 チルター取り外し ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 チルター取り外し
チルターのA部(凸部)をヘッドボックスのB部(凹部)から外しながら、チルターを矢印の方向にヘッドボックスから抜き出します。

 

3.方向転換

ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 方向転換 ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 チルター反転
外したチルターを反転させます。昇降コードがシャフトの下を通るようにして、チルターを矢印の方向に反転させ(図2参照)、ヘッドボックスとシャフトにチルターを反転させた状態で差し込みます。
※シャフトを差し込む際は、チルターの穴の突起部分を真上にして、スラット(はね)が水平位置にあることを確認して下さい。

 

4.変更完了

ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 ボックスキャップ取付 ニチベイ ワンポール式 左右位置変換方法 チルターカバー取付
ボックスキャップを差し込み、チルターカバーを取り付けます。操作位置が左にくるよう、ブラインド本体を回転させ、再度ブラインド本体を取り付けたら完了です。

 

ブラインド操作位置の左右転換方法については、ニチベイより動画が公開されておりますので、併せてご覧ください。

 

まとめ

「左右位置の転換方法」シリーズ最終回(ニチベイ編)はいかがでしたでしょうか?基本的な手順は似ていますが、やはり細かい部品名などの名称がメーカーにより異なりますね。説明書に同様に手順が記載されておりますので、ご自身のブラインドの種類が左右位置の転換が可能かどうか、また、操作方法によって対応できないものもございますので、ご確認されてから作業に取り掛かることをおすすめします。ヘッドボックスの端部や、切り込み口、スラット(はね)などでケガをしないよう、気をつけて作業をしましょう。