ブラインドの種類って何があるの? – TOSO 商談サポートツール

[投稿日],

トーソー(TOSO)から、窓周り製品を決める際に役立つ「商談サポートツール」がホームページ上に公開されています。写真や動画でイメージを共有することができるコンテンツが掲載されており、前回は1つ目をご紹介いたしました。今回は2つ目になる「ブラインドの種類って何があるの?」をご紹介します。

 

・ブラインドの種類って何があるの?

窓周り製品といえば、カーテン以外にも色々な種類があります。こちらのコンテンツでは、カーテン以外の「ロールスクリーン」「ウッドブラインド」「ローマンシェード」「プリーツスクリーン」「バーチカルブラインド」「アルミブラインド」のボタンが設置されており、クリックすることでカタログ上の製品画像を確認することができます。家具とコーディネートされた施工写真がそれぞれ掲載されていますので、製品の見え方や雰囲気、製品同士の比較がしやすい内容になっています。

 

・製品の特長

フラットな生地(スクリーン)を上部のパイプで巻き取り、上下に開閉させる製品を「ロールスクリーン」と呼びます。カーテン地のような装飾性の高い布地が多く、カーテンと同じくらい昔から愛されている製品です。

シェード(幕体)を昇降装置に取付け、上下に開閉を行う製品を「ローマンシェード」と呼びます。多彩なスタイルとファブリックスの組み合わせで、様々なインテリアに適した窓演出を行うことができ、他の窓装飾エレメント(窓周り製品)とのコーディネートにも合わせやすい特徴があります。

スクリーンにプリーツ加工を施し、生地をたたみ上げるように開閉する窓装飾エレメントを「プリーツスクリーン」と呼びます。規則正しいプリーツの水平なラインがモダンで、障子のような雰囲気があります。

 

・ブラインドの特徴

天然木(もしくは樹脂)のスラット(羽根)がヨコに並び、スラットを回転させることで人の視線や光の調整を行うことができる製品を「ウッドブラインド」と呼びます。天然木スラットを使用したタイプと樹脂スラットを使用したタイプがあり、素材の質感や重厚感が室内のグレードを引き上げてくれます。

アルミのスラット(羽根)がヨコに並び、スラットを回転させることで人の視線や光の調整を行うことができる製品を「アルミブラインド」と呼びます。以前はオフィス用と捉えられていましたが、機能性やデザイン、色の展開が増えたことで一般住宅でも広く使用されています。一般的な窓だけでなく、浴室や天窓・高窓など幅広い場所で取付が可能です。

縦長のルーバー(羽根)がタテに並び、左右に開閉を行うことができる製品を「バーチカルブラインド」と呼びます。透過性のないルーバーを並べたシングルタイプと、透過性のあるルーバーと透過性のないルーバーを組み合わせたペアタイプがあります。ルーバーがつくる垂直の連続したラインが、モダンな印象を与えてくれます。

 

・まとめ

窓周りに取付ける製品といえば「カーテン」というぐらい、窓にカーテンを取付けている方は多いのではないでしょうか。しかし、裏を返せば「カーテン以外の製品はどういったものがあるのか分からない」という方も多いという事。カーテン以外の製品にも沢山の魅力があり、窓周り製品は室内の印象を大きく変えてしまう部分にもなります。室内を理想的にコーディネートするためにも、様々な製品の良さ・雰囲気を知っていただく機会としてご利用いただけましたら幸いです。

 

・関連記事

窓周り製品の打ち合わせに役立つ「商談サポートツール」

タイトルとURLをコピーしました