バーチカルブラインドのデメリットはこれで解決!

,


ニチベイ アルペジオ バーチカルブラインド 縦型部ブラインド
人気のウインドウトリートメントのひとつに「バーチカルブラインド」があります。スタイリッシュなおしゃれさに惹かれる方も多いと思いますが、デメリットもあるのか?気になるのではないでしょうか。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)は大きな窓に特に映えるので、リビングダイニングなどメインの空間に選ばれることが多いです。見た目のおしゃれさはもちろん、カーテンのように開けたい分だけさっと開けられる操作性も魅力ですが、メリットばかりではありません。

でも、できる限りデメリットを減らして快適に過ごしたい・・・今回はバーチカルブラインドのデメリットの解決方法を考えていきましょう。

 

  • 外から見える?

ルーバーを1種類の生地で仕立てるシングルスタイルの場合、ルーバーを斜めにすると光が入り、外の景色が見えます。つまり、わざわざじっくり見る人もいないでしょうが、外を通る人から室内が見えることになります。

ですので、1階の道路に面した窓や、お向かいの家の窓とバッティングする場合など、視線が気になる場合シングルスタイルはおすすめできません。では、どうすればいいか?バーチカルブラインドにはドレープ(不透明生地)とレース(シースルー生地)、1台で2役のスタイルがあります。

バーチカルブラインドを探している人は聞いたことがあるのではないでしょうか?メーカーによって呼び方が違うのですが「センターレース」(ニチベイ)や「ペアアンサンブル」(タチカワブラインド)と呼ばれるスタイルに人気があります。

ドレープ生地との間にレース生地を配置することにより、ドレープ生地の角度を開いても、その間にレース生地があるので光を取り入れつつ、視線を遮ってプライバシーを確保してくれます。センターレースのレース生地もミラーレースにすることで、光を反射し日中の室内がさらに見えにくくなります。

縦型ブラインド バーチカルブラインド センターレース
センターレーススタイル以外にも、ニチベイからはドレープとレースをL字型に組み合わせた「バックレーススタイル」や、タチカワブラインドからは左右半分ずつにドレープとレースを配置した「ペアツーウェイ」と、各社オリジナルのスタイルがあるので、どのスタイルが自分の使い勝手に合っているかはいろいろ触ってみるといいかも知れません。

 

  • 音が気になる?

すらりと長い短冊状のシルエットを綺麗に保つために下には重り(ウエイト)が付いています。なので、風にあおられると窓に当たってコツコツ鳴る音や、ルーバー自体がパタパタと鳴る音が気になるかも知れません。

引き違い窓で風通しのために開ける方向が右側の窓ならば、右端から左側に開けられるような納まり形態で製作すると、窓を開けてルーバーも寄せることで風揺れが気にならなくなります。例えば左右両方から中央に寄せられるような納まりにするのも臨機応変に対応できるのでおすすめです。

バーチカルブラインド 操作方法 収納まり形態
新築など今から配置を考えることができるならば、エアコンの設置場所も重要です。エアコンの風が直接当たると大きなバタつきではなくてもパタパタと揺れて音がします。日常生活での音は気になりだすと小さなストレスにもなりますよね。もし、エアコンの取り付けがまだならば、真正面からの風が直接当たらない場所にエアコンを設置すると、このパタパタが気にならなくなります。

 

  • まとめ

センターレースなどドレープとレースを組み合わせたスタイルにすることで気になる外からの視線を遮ることもできれば、すき間が減ることで断熱性も向上できます。納まり形態とエアコンの位置を工夫することで風による音も軽減できます。

価格は決して安くありませんが、長く使うことを考えるとこだわる価値があるバーチカルブラインド。いろいろ見て触って比べて、じっくり吟味して、ぜひ長く付き合えるお気に入りのブラインドを見つけてください。

 

  • 関連記事

バーチカルブラインドに「バックレーススタイル」が新登場!