バーチカルブラインドに「バックレーススタイル」が初登場!

,


ニチベイのバーチカルブラインド「アルペジオ」に「バックレーススタイル」仕様が追加され、2020年5月11日にモデルチェンジすることが発表されました。今回は、業界初となる「バックレーススタイル」の仕様と、モデルチェンジの内容をご紹介いたします。

 

・「バックレーススタイル」

今回、初の試みとして販売される「バックレーススタイル」とは、不透明ルーバーとレースルーバーをL字に取り付けたルーバーを使用した仕様です。そうすることで、不透明ルーバーとレースルーバーが固定され、ルーバー同士の干渉を抑えてくれます。ルーバーを全開にした際でも窓と不透明ルーバーが平行になり、ルーバー同士の重なりも均一になることで、外がすっきりよく見えるようになります。

ニチベイ nichibei タテ型ブラインド アルペジオ バックレーススタイル 構造
また反対に、ルーバーを全閉した際はレースルーバーが背面に綺麗に隠れてくれます。レースルーバーの厚みが無くなることで、従来のバーチカルブラインドよりたたみ代を少なく抑えることができるため、すっきりコンパクトに納めることができます。

ニチベイ nichibei タテ型ブラインド アルペジオ バックレーススタイル センターレーススタイル 比較

 

・バトン式に「両開き仕様」が追加

モデルチェンジに合わせて、アルペジオのバトン式に「両開き仕様」が追加されます。適用できるのはシングルスタイル(不透明ルーバーだけの仕様)のみになっています。これまでのバトン式は左右の端に操作バトンが付いていたため、左右からルーバーを寄せる仕様でした。

しかし「両開き仕様」なら両サイドと中央にバトンが配置され、中央に設置されたバトンを引くだけで、中央から両端にルーバーを寄せることができます。バーチカルブラインドは掃き出し窓に採用されることが多いため、中央から開閉できることで、窓の中央についている鍵をとても開けやすくなるはずです。

ニチベイ nichibei タテ型ブラインド アルペジオ シングルスタイル バトン式 両開き仕様追加

 

・遮熱生地の充実

バーチカルブラインドは大きな掃き出し窓に採用されることが多いため、窓から入ってくる熱をカットしてもらえるよう、遮熱生地が25アイテム追加されます。遮熱生地が充実することで、遮熱生地を採用しやすくなり、省エネ効果を高めていただくことができます。

 

・シングルスタイルに「ミニマルウェイト」が登場

バーチカルブラインドでは、ルーバーの下部に「スペーサーコード」と呼ばれるコードが付きます。これを使ってルーバー同士の下部を繋ぐことで、揺れが起こることを減らし、ルーバーが風に吹かれてバラバラになるのを防いでくれています。しかし、子供やペットが遊ぶことで、コードに絡まったりする事故が起こる可能性が心配されていました。

そういった声もあり、従来から「モアラップスタイル(ルーバーの重なりが広いスタイル)」で採用されていた「ミニマルウェイト(スペーサーコードがない仕様)」を、シングルスタイル(不透明ルーバーだけの仕様)にも新たに搭載することが決まりました。

ニチベイ nichibei タテ型ブラインド アルペジオシングルスタイル ミニマルウェイト スペーサーコードが付かない仕様

 

・まとめ

5月にモデルチェンジされるバーチカルブラインド「アルペジオ」の詳細をご紹介いたしました。新たに追加される「バックレーススタイル」は、従来のタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)からは想像もできない驚きの仕様です。しかし、ルーバーがL型に固定されることで、ルーバーとルーバーの隙間が空くことがなくなり、ルーバーの並びもスッキリ綺麗にまとまります。不透明ルーバーとレースルーバーを併用したタテ型ブラインドを考えられている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?