光を採り入れて室内を明るくするには?

,


外の光を効率的に採り入れるためには、窓のプランがとても重要です。敷地や周辺環境に適した配置であることはもちろん、窓の大きさやスタイルなども検討することが大切になります。しかし、既に建設されている建物となると、窓の形や大きさを変える事は簡単なことではありません。そんな時は窓装飾品を見直して、室内に光を採り入れてみましょう。

今回は、そんな窓から光を採り入れて室内を明るくする窓装飾品をご紹介いたします。

 

・採光拡散レース

特殊な素材を用いることで、光を反射・拡散させて光の偏りを軽減しつつ、柔らかな光を部屋全体に広げてくれるレースカーテンです。室外からの視線をカットしてプライバシーを守ってくれる「遮像」機能や紫外線をカットしてくれる「UVカット」機能を持ち合わせている製品もあります。

一般的なミラーレースは採光性が低くなる傾向がありますが、「遮像」機能のある採光拡散レースなら、光を室内に採り込みながらプライバシーを守ってくれます。

スミノエ 採光拡散 レース 部屋全体を明るく
スミノエ:採光拡散レース

 

・半透明素材ブラインド

乳白色の透過性がある素材でできたブラインドです。一般的なアルミブラインドは閉めきってしまうと室内が暗くなりますが、こちらの製品はスラットが半透明素材なので、閉めきった状態でも外からの光が柔らかく入ります。スラットの角度調整による光・視線のコントロールはもちろん、閉めきることで外からの視線をしっかり遮りながら、光を柔らかく採り入れたい方におすすめです。

ニチベイ グラスフェイス ブラインド 光を柔らかく採り入れる
ニチベイ:グラスフェイスブラインド

 

・グラデーションブラインド

スラットの角度が一段下がるごとに角度が変わる(徐々に閉じていく)仕様のブラインドです。スラットの角度が一枚ごとに違うことで、光を反射する角度がスラットごとに変わり、外からの光を分散して室内の奥まで光を採り込みます。分散された光は天井に反射することで拡散され、間接光となり、部屋全体が明るくなる仕組みのブラインドです。室内を明るく保てることで、照明機器の使用が減り、照明コストを削減できることが期待されています。※主にオフィス向けの商品です。

TOSO タチカワブラインド グラデーションブラインド 光を拡散 部屋全体を明るく
TOSO:グラデーションブラインド
タチカワ:グラデーションブラインド

 

・壁面の色を変える

また、窓装飾品ではなく壁面の色を変えて室内を明るくする方法があります。白や明るい色は光を反射してくれるため、壁面や天井など室内の大半を占める部分を明るい色にすることで、窓から採り込んだ光を反射し、室内を明るくすることができます。これは家具にも同じことが言えます。

最近では「DIY(何かを自分で作ったり修繕したりすること)」が流行っており、自分で壁紙を貼るキットなどが販売されていますので、こういったキットを使用して自分でミニリフォームを行うことも容易になりました。室内が暗く感じる方は、壁面や天井、家具を白色系の色に変えていただくことで、室内の明るさを感じていただけるようになるのではないでしょうか。

壁面 天井 明るい色に変える 室内が明るく

 

・まとめ

窓から光を採り入れて室内を明るくする製品をご紹介いたしました。今回紹介した製品は、外から光が入るけれど、暗くなりがちな部屋を明るくする方法になります。光が入りにくい部屋などは天窓を付けたり、窓を大きくするなどのリフォームが有効になってきますので、外から入る光にあわせて室内を明るくする方法を検討いただけましたら幸いです。