「SIAAマーク」取得のロールスクリーン・ビニールカーテン

[投稿日],

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、私たちの生活も変化してきました。今では百貨店や飲食店でも感染症対策を行うことが普通になり、それぞれの場所で様々な対策が取られています。

大手ブラインドメーカーでは、感染拡大初期から様々な飛沫感染対策製品を販売されてきていました。このたび、トーソー(TOSO)から販売されていたビニールカーテンと透明ロールスクリーンに、「抗ウイルス加工:SIAA (ISO 21702)」「抗菌加工:SIAA (ISO 22196)」が施された製品が販売されることになりました。抗ウイルス加工「SEKマーク」とは異なるこちらの製品について、今回はご紹介致します。

 

・SIAAマークとは

「SIAAマーク」とは、SIAA(抗菌製品技術協議会)が制定している抗菌のシンボルマークです。このSIAAとは、適正で安心できる抗菌・抗カビ・抗ウイルス加工製品の普及を目的として作られた団体になり、抗菌剤および抗菌加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできています。業界の透明性や公正な振興を図るため、業界だけでなく消費者代表や専門家、行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質・安全性に関するルールを整備されてきました。そのルールに適合している製品にのみ、安心のシンボル「SIAAマーク」を表示することを認められています。

SIAAマーク 抗ウイルス加工 抗菌加工 品質・安全性を保障

 

・SEKマークとは何が違うの?

「SIAAマーク」とは、ロールスクリーンやカーテンなどでよく見かける「SEKマーク(抗ウイルス加工・抗菌加工)」とは異なっています。「SEKマーク」とは、一般社団法人繊維評価技術協議会が認証を行われているマークになり、繊維製品に使用する加工剤および製品の安全性と性能の評価試験を行い、クリアした製品にSEKマークを表示することを許可されます。つまり、SEKマークの対象製品は繊維製品(タオル・Tシャツなど)になり、SIAAマークは非繊維製品(トイレ用品などの日用品)が対象のマークなのです。

「SEKマーク」と「SIAAマーク」は試験機関が異なるため、マークを認証している試験方法も異なってきますが、どちらも利用者(消費者)が安心して商品が選ぶことができるように認められているマークになります。

SEKマーク 抗ウイルス加工 抗菌加工 安全性と性能を保障

 

・抗ウイルスロールスクリーン・ビニールカーテン

このたび、トーソー(TOSO)から販売された透明ロールスクリーンの透明生地「TR-V003」と、ビニールカーテン生地「TC-2530」は、抗ウイルス性能SIAA安全性基準をクリアしたため、「ISO 21702(抗ウイルス加工)」「ISO 22196(抗菌加工)」マークを取得されました。つまり、特定のウイルスの数を減少させることや、黄色ブドウ球菌や大腸菌の増殖を抑制すること、加工剤の品質や安全性が認められている製品であることを意味しています。

また、防炎性能も付与されているため、病院などの受付や施設内エリアの間仕切り、店舗での対面接客など不特定多数の方とやり取りをする場面での飛沫防止対策におすすめです。なお、この製品はロールスクリーンタイプになるので、使わない時は上に巻き上げて収納することで、場所を取らずに収納することも可能。室内を仕切る間仕切りとして使用すれば、冷暖房の効率アップをはかることもできます。

トーソー TOSO ロールスクリーン ビニールカーテン SIAAマーク取得 防炎性能有 飛沫防止対策 室内の間仕切り

 

 

・まとめ

「抗ウイルス加工」といっても、製品や素材によって認証機関や試験方法が異なってきます。しかし、マークの付いている製品はそれぞれの機関でしっかり試験が行われていますので、安心して使用することができるのではないでしょうか。これからの生活では、私たちが感染を広げないという意識も重要になってきます。身の回りの製品を選ぶ際は、「抗ウイルス加工」が施されている製品を検討してみてはいかがでしょうか。

 

・関連記事

「衛生面」に注目。制菌・抗ウイルス加工の窓まわり品 3選

抗ウイルス生地「ポルテⅡ」で新型コロナウイルスの減少を確認

 

・関連リンク

TOSO ビニールカーテン/ロールスクリーン

タイトルとURLをコピーしました