タチカワのアコーデオンカーテンがリニューアル

,


タチカワブラインドでは「アコーデオンカーテン」のレザーラインナップをリニューアルし、2021年1月18日より新たに発売される予定です。楽器のアコーディオンのように、ジャバラ状の生地で室内を仕切ることができるアコーディオンカーテン。今回はこちらのリニューアルをご紹介します。

 

・アコーデオンカーテンとは

「アコーデオンカーテン」とは、タチカワブラインドが1964年に発売した、日本初の家庭用簡易間仕切りになります。シンプルなヨコ引き操作、畳み込みがコンパクトなので開口を広く確保することができ、床面にレールがないことでつまづく心配がないなど、誰でも簡単に操作ができるバリアフリーな製品です。室内を天井から床までしっかり仕切ることで、冷暖房効率アップにも一役かうことができます。

発売当時は障子や襖にはない機能性とファッション性を備えた画期的なアイテムとして人気があり、今も根強い人気のあるロングセラー製品ですが、最近はコロナ禍による住まいの在り方・価値観の変化によって、再び需要が高まってきています。

アコーデオンカーテン タチカワブラインド 家庭用簡易間仕切り シンプル操作 バリアフリー製品 冷暖房効率アップ

 

・リニューアル内容

今回のリニューアルでは、アコーデオンカーテンのレザー生地に、新たな「ベイシル」「アクセンテ」などを含む全44柄100アイテムをラインナップされます。「ベイシル(7アイテム)」では、カーテンや壁紙、家具などで人気のあるグレーやグレージュといった、用途やシーンを選ばず使うことができるベーシックな色柄を。「アクセンテ(3アイテム)」では、アクセントクロスのように部屋の雰囲気をガラッと変えることができる、主張性のある色柄を用意。どちらのレザーも「抗菌加工」、拭くだけで汚れが落ちる「防汚コーティング」が施されています。

アコーデオンカーテン タチカワブラインド リニューアル ベイシル ベーシックな色柄

また、これら以外のレザーでは光漏れを抑える「遮光」、虫を寄せ付けない「防虫」、ホルムアルデヒドを吸着して安全な物質に分解する「ホルムアルデヒド消臭」などの多彩な性能が用意されており、この中でも細菌の増殖を抑制する「制菌加工」を施したレザーは、介護・福祉施設や医療機関などで利用していただくことができます。

アコーデオンカーテン タチカワブラインド リニューアル アクセンテ 部屋の雰囲気をガラッと変える

 

・シーンや用途に対応

アコーデオンカーテンには、豊富な製品バリエーションが用意されています。レザーラインナップやオプションが豊富な「アコーデオンカーテン」。グリップを引いて操作できる「アコーデオンカーテンワンタッチ」。シンプルでリーズナブルな「アコーデオンカーテンメイト」。簡易的な仕切りの「アコーデオンスクリーン」。大きな空間に対応できる「ハーモニードア」。木質感のあるパネルを使用している「アコウォール」などの6種類から、使用するシーンに合わせて製品バリエーションをお選びいただけます。

アコーデオンカーテン タチカワブラインド アコウォール 木質感のあるパネル

なお、製品バリエーションによって異なりますが、便利なオプションも用意されています。1つの製品で、裏表のレザー種類を変えることができる「リバーシブルスタイル」。上部に透明レザーを使用して、適度な明るさを確保できる「上部クリアー」。製品の両側から出入りすることができる「両取手」。コーナー部分の間仕切りに使用できる「カーブ」など、様々なニーズに合わせたオーダー対応が可能になっています。

アコーデオンカーテン タチカワブラインド 様々なニーズに対応 オプション 上部クリアー カーブ

 

・まとめ

「アコーデオンカーテン」といえば、施設などで使用されるイメージが多い製品です。しかし、操作や設置の簡便性、トレンド色や柄の採用によるファッション性の高さから、家庭でも使用しやすい製品になります。今後もテレワークの増加に伴い、仕事場と住空間の仕切りが必要とされる中での今回のリニューアルは、これからの快適な空間づくりに一役買ってくれるのではないでしょうか。

 

・関連記事

スリムでスタイリッシュな間仕切りが室内を開放的に