木製ブラインド操作コードの交換方法(ループ式) – タチカワブラインド編

,


木製ブラインドを長年使用していると、操作コードは摩耗したり切れたりします。タチカワブラインドでは「フォレティア」「フォレティアエコ」ループ式の操作コード交換方法を公開されていますので、操作コードを購入できれば、自分で修理を行うことができます。(平成18年10月~平成25年5月販売された製品)今回はこちらの詳細をご紹介いたします。

 

・操作コードを交換する前に

操作コードを交換するためには、交換用の新しいコードを用意する必要があります。まず、現在使用されているブラインドのメンテナンスシールを確認しましょう。(製品正面から見て、ボトムレール右端上面に貼付)そのシールに記載されている「製品名」「色」を確認し、ブラインド購入店またはブラインド販売店に「製品名」「色」「長さ」「本数」を伝えて、操作コードを購入しましょう。
※操作コードはスラットカラーによって色が違います。購入される際は必ず「色」番号を伝えるか、メンテナンスシールの左上に記載している番号を店側に伝えましょう。

タチカワブラインド 操作コードを購入する メンテナンスシール 製品名と色を確認する

メンテナンスシールの見方:https://blind-mart.com/guide/405/

 

・操作コードの交換方法

対応製品:フォレティア・フォレティアエコ・アフタービート(平成18年10月~平成25年5月販売分)
必要工具:プラスドライバー、マイナスドライバー

1.木製ブラインドのヘッドボックス部分にある、ギャブリーカバーとフロントカバーの間にマイナスドライバーを差し込みます。ドライバーでこじるようにフロントカバーを取外しましょう。

2.コードゲートを取外します。

タチカワブラインド フォレティア フォレティアエコ アフタービート 操作コード交換方法 フロントカバーを外す コードゲートを外す

 

【▼平成18年10月から平成21年5月中旬の製品】
———————
3.ギャブリー部分を止めている中央のネジ部分をプラスドライバーで回し、取り外します。

4.ギャブリーを上に持ち上げ、操作コードを取り外し、新しいコードと入れ替えます。

5.3~1の手順で元の状態に戻し、交換終了です。

タチカワブラインド フォレティア フォレティアエコ アフタービート 操作コード交換方法 ギャブリー中央ネジを外す 操作コードを新しいものに交換 元の状態に戻す

 

【▼平成21年5月中旬~平成25年5月の製品】
———————
3.操作コードの片側をギャブリーの隙間に挟み、図の矢印方向にギャブリーを回転させながら、古いコードを取り外していきます。

4.次に新しいコードをギャブリーの隙間に挟み、図の矢印方向にギャブリーを回転させながら、操作コードを元の状態になるよう戻していきます。
※自動停止機能が働いて、ギャブリーが回転しない場合があります。その際は、逆方向の回転でコードを取り付けて下さい。自動停止機能も解除されます。

5.2~1の手順で元の状態に戻し、交換終了です。

タチカワブラインド フォレティア フォレティアエコ アフタービート 操作コード交換方法 ギャブリーを回してコードを外す ギャブリーを回して新しいコードを戻す 元の状態に戻す

 

・まとめ

木製ブラインドの操作コード交換方法をご紹介いたしました。平成25年5月以降に販売された木製ブラインドでは、操作コードを巻き取る部分がヘッドボックスに内蔵され、コードの交換が難しくなっています。操作コードを交換されたい場合は、お近くのブラインド販売店や専門店で修理をご相談くださいませ。

 

・関連記事

木製ブラインド操作コードの交換方法(ループ式) – ニチベイ編