新発売!ニチベイ ウイルス飛沫感染対策「ユニガード2」

,


タチカワブラインドからは「透明ロールスクリーン」、トーソーからは「ビニールカーテン」と両ブラインドメーカーが飛沫感染予防対策アイテムの販売を始めていますが、このたびニチベイからはパーティション「ユニガード2」が新発売されました。今回、新発売されたSDシリーズとMKシリーズ、2シリーズのパーティションをみていきましょう。

 

SDシリーズ

ニチベイ パーティション ユニガード2 SDシリーズ
2020年5月に発売された「ユニガード」のスタンドデザインを立体構造にすることで、強度と安定性を向上させた新モデルになります。スタンドは好きな位置に取り付けることができます。従来品のユニガードと同様、下部にくり抜きのない“窓なしタイプ”になりますが、1cm程度のすき間が空いており書類の受け渡しなどは可能なので、オフィスのデスクや会議室などで有効に活用できそうです。

パネルの仕上げは、透明のクリアと不透明のフロスト(つや消し)の2種類。サイズは3種類。S(幅:600mm × 高さ:550mm)、M(幅:900mm × 高さ:550mm)、L(幅:1200mm × 高さ:550mm)があります。

ニチベイ パーティション ユニガード2 SDシリーズ 構造図

MKシリーズ

ニチベイ パーティション ユニガード2 MKシリーズ
MKシリーズはパネルに切り込みが入っており、切り込みにスタンドを十字にはめ込む形状になっているので、パーツが外れにくく倒れにくい構造になっています。パネルの仕上げは透明のクリアのみですが、窓なしタイプと窓ありタイプがあります。窓なしタイプは幅:600mm × 高さ:600mmの1サイズ、窓ありタイプはM(幅:900mm × 高さ:600mm)、L(幅:1200mm × 高さ:600mm)の2サイズあります。

窓ありタイプはパネル下部がスクエア型にカットされているので、オフィスのデスクで使うならパソコンや電話機の配線コードを通したり、クリニックなどの受付窓口で診察券や診察代金といった小さなものの受け渡しに使えるのでおすすめです。窓なしタイプなら横並びのデスクで隣の人との間を仕切るのにちょうどよい幅です。

ニチベイ パーティション ユニガード2 MKシリーズ 構造図

アクリル板の注意事項

・素材の伸縮特性により、幅・高さとも若干の寸法誤差が生じる場合があります。

・熱や水分によって板の反りがでる場合があります。

・清掃は中性洗剤を使用してください。

・消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどで清掃することもできますが、まれに微細なひび割れ(クレーズ)が生じることがあります。

・アクリルはガラスより傷がつきやすいため、お手入れは丁寧にしてください。

・材質の特性上、静電気を帯びやすいのでホコリが付着する場合があります。

・可燃性のため、周辺で火気を扱う環境(コンロ周辺、喫煙エリア等)では絶対に使用しないでください。

 

まとめ

ブラインドと間仕切りの総合メーカーならではのウイルスの飛沫感染対策パーティション「ユニガード2」。スタンド式なので安定性も高く、持ち運びも設置も簡単です。

人と対面して物品の受け渡しが発生する病院、銀行、オフィスの受付け窓口など、お互い顔が見える環境でウイルス対策をしたい場合は「窓ありタイプ・クリア(MKシリーズ)」、食堂や飲食店など食事をしている人同士のプライバシーを少し遮りつつウイルス対策をしたい場合は「窓なしタイプ・フロスト(SDシリーズ)」と、用途に合わせて窓ありか窓なし、透明か不透明かを選択できるのもポイントです。

各パネル、各サイズ10台以上で販売されています。手軽に設置できるので、ウイルスの飛沫感染予防対策のひとつにいかがでしょうか。是非ご検討ください。

(注)ウイルス等の飛沫感染を完全に予防できる商品ではないことをご承知ください。

 

関連記事

ウイルス飛沫感染予防にも有効なビニールカーテンが発売!

ロールスクリーンで新型コロナウイルス対策!