ロールスクリーンで新型コロナウイルス対策!

,


新型コロナウイルス(COVID-19)感染症という未曽有の災禍の中、いかに感染拡大を抑えるかを留意しつつ、経済活動も徐々に再開させる・・・“withコロナ” “afterコロナ” の対策が企業などでも事業を再開したり継続するためには必要となっています。少しでも感染のリスクを減らすひとつは「飛沫感染」を防ぐこと。その飛沫感染防止のためにブラインドやロールスクリーンでできることはあるでしょうか?

 

  • ビニールシート(ビニールカーテン)

コンビニやスーパーのレジカウンターなど人と人が対面する場所には透明のビニールシートでカバーされている場面も多く見られるようになりました。急務での対策でウイルス行っている場合がほとんどなので、ビニールシートをいろいろ工夫して固定されている様子がうかがえます。

透明ビニールシートの場合はロール反から必要な長さだけ購入して、ハサミやカッターで使いたい場所の大きさに合わせて切れる、使い勝手のよさがメリットです。ただ、タッカー(工作用ホッチキス)やテープ留めなど、取付けは簡易なものになる場合がほとんどなので、見た目や強度は劣ってしまいます。

 

  • 透明ロールスクリーン

タチカワブラインド 透明ロールスクリーン
長期的にみるとビニールシートで簡易的に作ったシールドでは耐久性が乏しのではないか?長く使うのであれば、ちゃんとしたものを使いたい。そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方にもおすすめの「透明ロールスクリーン」をタチカワブラインドが販売しています。透明レザーのロールスクリーンなので視界はしっかりと確保しつつ、ウイルス対策、飛沫感染防止に活用できます。通常のブラインドやロールスクリーンと同じようにブラケット(ワンタッチブラケット)で取り付けるので強度も安心です。

ロールスクリーンなので高さを自由自在に調整することもできますし、例えば換気したいときは上に巻き上げると風の通り道を邪魔することもありません。

 

  • 透明ロールスクリーンの詳細

サイズは下記の2種類。

幅    600mm × 高さ 1,800mm
幅 1,200mm × 高さ 2,000mm

メーカー希望小売価格(税抜)は、小さい方が15,800円、大きい方が19,800円です。もちろん防炎認定生地なので、商業施設などでも安心です。取り付けは、天井面に取り付ける「天井付け」、壁面に取り付ける「正面付け」、あとはオプションの「伸縮V型吊棒セット」を使って吊り下げるように取り付けることもできます。

操作方法については、標準の仕様が「プルコード式」になっていますが、オプションで「プルハンドル」(670円)にすることもできるので、コードが下がっていて勝手が悪い場合はプルハンドルにするとすっきりします。スクリーンを上に上げてしまうとプルハンドルに手が届かないときのために、ハンドルに引っ掛けて使う「ハンドルフック」も1,200円で購入可能です。

タチカワブラインド 透明ロールスクリーン オプション

  • まとめ

飛沫と接触により感染すると言われている新型コロナウイルス。透明ロールスクリーンなら、すっきりとしていて見栄えも損なわないので、クリニックやオフィスの受付窓口、店舗のレジカウンターなどにおすすめです。簡易の間仕切りとして使うこともできます。ウイルス対策、飛沫感染防止にいかがでしょうか?

タチカワブラインド 透明ロールスクリーン

 

関連記事

ウイルス飛沫感染予防にも有効なビニールカーテンが発売!

新発売!ニチベイ ウイルス飛沫感染対策「ユニガード2」