天井付け?正面付け?ブラインド 取り付け方法の選び方

[投稿日],

ブラインドを注文するとき、必ず決めなければならない「天井付け」と「正面付け」。このふたつ、ブラインドの取り付け方法なのですが、どう決めればいいのか?どっちがいいのか?悩まれる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ブラインドの取り付け方法の選び方についてご紹介したいと思います。

 

「天井付け」と「正面付け」

ブラインド 取り付け方法 天井付け 正面付け
天井付けは窓枠の内側にすっきり納める取り付け方法です。スラットが窓枠と干渉しないためにも横幅は窓枠実寸横幅より1cm程度引いて製作するため、どうしても左右に5mm程度のすき間ができることと、ブラインドを上に上げたときの「たたみ込み」(スラットの重なり)が窓の開口部に残ってしまうので、窓が小さく見えたり、気になる場合もあるかも知れません。

正面付けは窓を覆うように窓枠より一回り大きく取り付ける方法です。下地がきちんとあれば取り付け位置を上げることで「たたみ込み」も窓にかからないようにすることもできますが、ブラインドの厚みが前に出るので天井付けに比べるとすっきり感は減少してしまいます。また、エアコンや家具などの障害物に当たらないかも注意が必要です。

 

こんな時は「天井付け」

ブラインド 天井付け
・部屋をすっきり見せたい
窓枠の内側に納めるので、壁面からの飛び出しもなく、部屋をすっきりと見せてくれます。

・窓枠にケーシングがついている
窓枠にケーシング(額縁)があるならば、天井付けにしておしゃれなケーシングが見えるようにするのがおすすめです。

・窓際に家具を配置している
窓枠内にブラインドが納まっているので、ベッドや机など家具を窓際に置いても接触する心配がありません。

・通路や廊下に面した窓
通路や廊下などの幅が細い所に面した窓の場合、ブラインドが5~6cm前に出ているだけでも、その出っ張りが気になったり、行動に差し障りがあったりするので、天井付けの方がおすすめと言えます。

 

こんな時は「正面付け」

ブラインド 正面付け
・光漏れを少なくしたい
窓枠を覆うように取り付けるので、寝室やプライベートルームなど、なるべく遮光性・遮蔽性が欲しい場合は正面付けがおすすめです。ブラインドの横幅も、窓枠より5~10cm程度大きくすることで、より光漏れを少なくしてくれます。

・窓を大きく見せたい
きちんと上部まで下地が入っているならば、高い位置からブラインドを取り付けることにより、窓を大きく見せてくれます。リビングの履き出し窓に人気の縦型ブラインド(バーチカルブラインド)なら特に、正面付けで高い位置から取り付ける方が、より縦のラインも際立ちおしゃれです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。天井付けと正面付け、どちらも一長一短があります。どちらが良い悪いはありませんが、例えば掃き出し窓は正面付けで大きく、腰高窓や小窓は天井付けですっきりと、同じ部屋でもメリハリをつけてもいいですし、同じ取り付け方法にしてまとまりを出すのもひとつです。どんな部屋にしたいか?家具はどこに置くか?どんな取り付け方法が合うか?ブラインドの取り付け方法を考えるときの参考になりましたら幸いです。

 

関連記事

ブラインドを取付ける際の注意点 – 窓の種類編

ブラインドを取付けできる?できない?オプション金具で悩みを解消!

カーテンレールにブラインドを取り付けるには?

タイトルとURLをコピーしました