ブラインドを取付けできる?できない?オプション金具で悩みを解消!

[投稿日],

ブラインドを取り付けたいけれど、窓枠やサッシ部分にブラケットを取り付ける穴が開けられない、、、ブラインドを取り付ける面が15mm以下と狭く、ブラケットが安全に取付けられない、、、などの理由でブラインドの取り付けについて悩まれていませんか?そんな時に、取付補助金具(オプションブラケット)やブラケットスペーサーを使用すると取付けていただける場合があります。その取付け方法や使用方法を見ていきましょう。

 

・窓枠と壁面に段差がある場合

窓枠がアルミサッシなどで、壁面にしかブラケットを取り付けられないけれど、サッシと壁面に段差がある場合はブラケットスペーサーを使用して段差をカバーします。厚みは12mmタイプと20mmタイプの2種類があり、重ねて使用していただくこともできます。(重なりしろは3mm 例:12mm+12mm=21mmの厚み)

※ブラケットスペーサーを重ねて使用される場合は、別途取付けネジを用意する必要があります。
タチカワブラインド ブラケットスペーサー 窓枠と壁面の段差を解消

・壁面から少し離して取付けたい場合

窓枠、サッシ部分に取付け穴があけられない時、もしくは壁面から少し離れた状態でブラインドを取り付けたい場合、Aタイプのオプションブラケットを壁面に取付け、天井付けになるようブラインドを取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Aタイプ 壁面から離して取付け

・部屋の間仕切りとして天井に取付けたい場合

部屋を仕切る間仕切りとしてブラインドを使用する場合、Aタイプのオプションブラケットを天井に取付け、正面付けになるようブラインドを取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Aタイプ 天井に取付け

・窓枠やサッシ部分が傾斜して取付けられない場合

傾斜にかかるようBタイプのオプションブラケットを壁面に取付け、ブラインドを取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Bタイプ 窓枠傾斜部分に取付け

・段差に取付ける場合

段差に沿ってBタイプのオプションブラケットを取付け、ブラインドを正面付けに取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Bタイプ 段差部分に取付け

・取付け面が15mm以下で取り付けが難しい場合

窓枠やサッシ部分の取り付け面が15mm以下の場合や、窓枠の強度が弱く、安全に取り付けられない場合、窓枠やサッシ部分よりも上にブラインドを取り付けたい場合は、Cタイプのオプションブラケットを窓枠に沿って取付け、ブラインドを取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Cタイプ 取り付け面15mm以下への取付け

・窓枠やサッシ部分よりも上、もしくは横に取付けたい場合

Dタイプのオプションブラケットを窓枠に取付け、ブラインドを正面付けに取付けて下さい。
タチカワブラインド 取付け補助金具 オプションブラケット Dタイプ 窓枠より上、または横への取付け

・まとめ

今回は「タチカワブラインド」のオプション部品をご紹介しました。取付補助金具(オプションブラケット)、ブラケットスペーサーはメーカーによって形・サイズなどが多少異なり、他メーカー商品では使用ができない可能性があります。事前にご使用のブラインドメーカーを確認しておきましょう。また、ネジのきかないタイル地やコンクリート壁、下地のない壁には取付補助金具(オプションブラケット)・ブラケットスペーサーともに取付けすることができません。ご使用を検討されている場合は、あらかじめホームセンターなどで取扱っている「下地探し」などを使用し、取付けできる場所か確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました