窓の形状に合わせたカーテンやブラインドのコーディネート事例

[投稿日],

ウィンドウトリートメントの種類といえばカーテン、ブラインド、ロールスクリーンと様々あります。しかし、自分がコーディネートしたい窓にはどんなウィンドウトリートメントを作成できるのか、多く採用されているのかわからないという方もいらっしゃるはず。そこで、今回は「カーテン」「アルミブラインド」「木製ブラインド」「縦型ブラインド」それぞれが多く採用される窓の形状を紹介させていただきます。

 

・カーテン

▼採用されやすい窓
—————-
■ 腰高窓
■ 掃き出し窓
■ 出窓
■ カーブ窓
■ コーナー窓

窓に取り付ける装飾といえば、多くの方がカーテンを挙げられるでしょう。家庭で洗える製品が多く、レールからの着脱が簡単なので、取り扱いしやすい装飾です。一般的な「腰高窓」「掃き出し窓」から、特殊な「出窓」「カーブした窓」「コーナー窓」などでの採用が多く、一般的なお宅ならカーテンで間に合う窓が多いのではないでしょうか。

カーテン 採用されやすい窓 腰高窓 掃き出し窓 カーブ窓 コーナー窓

 

・アルミブラインド

▼採用されやすい窓
—————-
■ 腰高窓
■ 掃き出し窓
■ 出窓
■ 高窓
■ 浴室窓(耐水タイプのみ)
■ 変形窓(円形・アーチ・台形など)
■ スリット窓
■ 天窓
■ 傾斜窓

お部屋をシャープにみせることができるアルミブラインド。光と視線を同時に調整でき、一台でドレープとレースの2役ができます。一般的に採用できる窓の種類が多く、特殊な窓はほぼアルミブラインドで対応することができます。また、浴室・洗面所・キッチンなどの窓回りといえば、耐水タイプのアルミブラインドが取扱いしやすいのではないでしょうか。

アルミブラインド 採用されやすい窓 出窓 高窓 変形窓 スリット窓 傾斜窓

 

・木製ブラインド

▼採用されやすい窓
—————-
■ 腰高窓
■ 掃き出し窓
■ 浴室窓(耐水タイプのみ)
■ スリット窓

高級感があり、室内を落ち着いた印象にしてくれる木製ブラインド。その温かみや優しい印象に人気があり、一般的な家庭でも取付けが増えてきています。製品重量があるため、大きい窓での取付けは注意が必要ですが、「腰高窓」「掃き出し窓」「スリット窓」「浴室窓(耐水タイプのみ)」などで採用することができます。

木製ブラインド 採用されやすい窓 腰高窓 掃き出し窓 浴室窓 スリット窓

 

・縦型ブラインド(バーチカルブラインド)

▼採用されやすい窓
—————-
■ 掃き出し窓
■ 変形窓(台形)
■ カーブ窓
■ コーナー窓

ルーバーの縦のラインが、窓回りを引き締めてくれる縦型ブラインド。ルーバー生地の種類が豊富で、デザイン性が高いので、徐々に一般家庭でも採用されてきています。しかし、ブラインドの幅が大きいほど綺麗に見えるため、大きな窓で採用されることが多い装飾です。大き目の「掃き出し窓」や「カーブした窓」「コーナー窓」で採用いただけます。

縦型ブラインド 採用されやすい窓 掃き出し窓 変形窓 カーブ窓 コーナー窓

 

・まとめ

ウィンドウトリートメントは様々ありますが、それぞれの製品の特長によって、意外に対応できる窓の種類が限られてきます。また、最近は建物の多様化にともない、窓の形状や種類が増えてきています。それぞれの窓の形状に合わせて、お好みに合ったウィンドウトリートメントを見つける手助けになりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました