スプリング・クリーニング – 春はブラインド掃除の季節!

[投稿日],

ブラインド スプリングクリーニング 春のブラインド掃除
大掃除と言えば年末ですが、年末年始は忙しく過ごす人も多いですよね。しかも寒いし、水は冷たいし・・・。実は欧米では「スプリング・クリーニング」という言葉があり、春から初夏にかけて大掃除をすることが一般的です。欧米では元来、冬の間に暖房につかった石炭によるすすで汚れた家を大掃除する“すす払い”からきた習慣ですが、日本にも合っていると年々広まってきています。

冷たい水でからだを冷やすこともないですし、陽ざしもあたたかいので窓まわりを掃除するために窓を開け放っても、寒さに震えることなく気持ちよく掃除することができる季節です。今回は、ブラインド(アルミ横型ブラインド)のスプリング・クリーニングについてお話ししたいと思います。

 

ブラインド スプリング・クリーニングのメリット

ブラインドの汚れは基本的にはホコリです。しかし、キッチンやダイニングのブラインドの場合は、油もついてしまい、ホコリに油がまじって積み重なっていくと、ベタベタで落としにくい汚れになってしまいます。そんな油汚れも寒いと固まって落ちにくいもの・・・なので寒い冬より気温が高い春の方が汚れを落としやすいのです。

また、春は花粉や黄砂の影響もあり、窓まわりがほこりっぽくなりがちです。しかも日差しが強くなると汚れも目立ってしまいます。春に一度、水を使ってさっぱりきれいに洗うと、普段のお手入れは水拭きなしで、ハンディモップやはたきなどを使ってホコリを払うだけでも大丈夫です。

 

ブラインドの掃除方法

まず、ブラインドが耐水性か、そうではないかを確認しましょう。ブラインドのスラット(羽根)はアルミ製なので水に濡れても大丈夫ですが、ヘッドボックスに鋼(スチール)が使われている場合は耐水仕様ではなく、濡れたままにしておくと錆びてしまうので、基本的には丸洗いができません。

  • 耐水性ブラインドの場合

まずはブラインドを取り付けた状態のまま、ハンディモップや掃除機(ブラシノズル)で軽くホコリを落とします。その後ブラインドを取り外し、お風呂場などで丸洗いします。洗剤は台所洗剤などの中性洗剤で大丈夫です。洗剤を含ませたやわらかめのスポンジでスラットの両面を洗って、シャワーでやさしく洗い流し、乾かせば完了です!

耐水性ブラインド 掃除方法 丸洗い
<ワンポイントアドバイス>
・スポンジで洗いやすいように、スラット(羽根)は閉じた状態で床に広げましょう。
・洗剤が残るとスラット同士がくっついて塗装がはがれる場合もあるので、しっかり洗い流しましょう。
・スラットやコードを傷つけないように、シャワーの水量・水圧は弱めにしましょう。
・乾かすときはスラットを開けた状態で風通しのよい場所に吊るして乾かしましょう。

 

  • 丸洗いできない場合

丸洗いする時と同じく、まずはハンディモップや掃除機(ブラシノズル)でホコリを落とします。次に台所洗剤などの中性洗剤を水で薄めた洗剤液をつくり、スラットを1枚1枚拭いていきます。このとき、ブラシだとスラットを傷つけてしまう場合もあるので布を使うのですが、手袋や軍手を手にはめて指で1枚ずつ挟んで掃除する方法がおすすめです。仕上げは洗剤が残らないように水拭きして、ブラインドを降ろしてスラットを開けた状態で自然乾燥させます。

非耐水性 ブラインド 掃除方法 拭き掃除
<ワンポイントアドバイス>
・水を含んだホコリを拭き取る手間が軽減するので、濡らす前にホコリはなるべく落としておきましょう。
・洗浄成分が強いと塗装膜がはがれてしまう可能性があるので、必ず薄めて使いましょう。
・洗剤が残るとスラット同士がくっついて塗装がはがれる場合もあるので、しっかり水拭きしましょう。
・洗剤で濡れてしまう軍手をする前にゴム手袋をはめると手荒れ防止にもなります。

 

便利なブラインド掃除グッズ

汚れが吸着しやすく、吸水性もすぐれているマイクロファイバーは、ブラインド掃除にも適しています。最近では手袋タイプも販売されていますので、ブラインド掃除に使いやすく、水拭きはもちろん、普段の乾吹きにも使えるすぐれものです。ほかにも、スラットを挟んでスライドさせるだけでホコリを掃除することができる、ブラインド専用のクリーナーもあります。どちらも洗って繰り返し使えるので、普段のお手入れにも気軽に使えます。

ブラインド掃除 便利グッズ

まとめ

ブラインドのスプリング・クリーニング、いかがでしたでしょうか。掃除の際は、スラットやコードを傷つけてしまうといけないので、力と入れすぎないよう注意してください。また、薄いアルミの羽根で怪我をしないようくれぐれも気をつけてください。

水を使うことも辛くないですし、乾かすために窓を開けても寒くない、あたたかい春はブラインド掃除にぴったりの季節です。ぜひ、さっぱりきれいに洗ったブラインドで気持ちよく毎日を過ごしてください。

※木製ブラインド(ウッドブラインド)は水分に弱く、木が反り返る可能性があるので、水拭きしないようにしましょう。柔らかい布での乾拭きがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました