プレイスとプレイススウィングがより使いやすくリニューアルします

[投稿日],

タチカワブラインドの室内用間仕切り「プレイス」「プレイススウィング」は、コロナ禍を経てニーズが拡大してきました。そのため、これからの多様化するニーズに応えるべく、2023年10月10日に「プレイス」と「プレイススウィング」のリニューアルを予定されています。これまで以上に、インテリアに合わせたコーディネートが楽しめる「プレイス」「プレイススウィング」のリニューアル内容をご紹介します。

 

・リニューアルの背景

原材料価格高騰により、住宅市場では新築住宅の販売単価が上昇してきています。その影響から中古住宅物件に注目が集まってきており、中古住宅市場の拡大に伴い、リフォームの需要も増加傾向にあるそうです。これまでの広い空間を仕切る用途のみならず、リビングに併設された和コーナーの洋室化、冷暖房効率をあげるために戸建住宅におけるリビングイン階段への設置、マンションのリノベーション工事での採用など、間仕切りを使用するシーンが多様化してきました。

また、オフィス市場ではテレワークとオフィスワーク併用による、業務効率化のためのフレキシブルな空間利用が求められ、介護施設などでは多床室の個室化に伴い、プライバシー保護を目的とした改修工事が増加、今後も非住宅シーンでの間仕切り製品需要が拡大することが推測されています。

 

・プレイススウィングに木目調フレームが登場

これまでの「プレイススウィング」では、フレーム色はマットホワイト・モダンシルバー・マットブラックの3色展開でした。今回はそのフレーム色に、木目調のホワイト・ライトブラウン・ブラウン・ダークブラウンの4色が追加されます。従来では、パネルでのみ木目調の選択が可能で、フレームでは木目調を選択できませんでした。しかし、今回のリニューアル時にフレームの形状を見直すことで、木目調にも対応することができるようになり、フレームとパネルの統一性を出すことが可能になっています。

 

・プレイス、プレイススウィングの採光窓に「スモーク」がラインナップ

新たな採光窓として、昼と夜とで印象的に表情を変えるグレー色の「スモーク」がラインナップ。トレンドであるブラック色を使用したインテリアにも合うようになっており、シックで上品な印象を与えてくれるでしょう。また、クローゼットの扉やキッチン収納の目隠しなどに使用いただくことで、「見せる収納」として中の収納物をインテリアのように見せることもできます。


 

・プレイスの上部に開口パネルを導入

間仕切り「プレイス」では、上部パネル部分を開口部にする「上部開口仕様」が新登場します。これにより、一つの空間を仕切った際の採光や空調の通りがよくなり、冷暖房効率を高めることなどができるようになります。また、リニューアルに伴って従来2本までであった中桟を3本に拡充したことで、パネルデザインのバリエーションも広がりました。製作可能寸法も拡大し、最大高さ3mまで対応することが可能です。

 

・まとめ

今後も様々な場面で利用されることが見込まれる間仕切り製品。今回のリニューアルでさらに対応できるサイズやバリエーションが広がってきています。室内を効率よく使いたい、バリアフリーな室内にしたいという方は、間仕切り製品で室内を仕切ってみてはいかがでしょうか。

 

・関連記事

間仕切り「プレイス」「プレイス スウィング」の機能が拡張されました

障子をモチーフにした間仕切りが「プレイススウィング」に追加!

スリムでスタイリッシュな間仕切り「プレイススウィング」が室内を開放的に

タイトルとURLをコピーしました