新しく創設された窓まわりの資格、「窓装飾プランナーアソシエイト」とは?

[投稿日],

窓
インテリアに興味がある方は多いと思います。その中で恐らく有名な資格といえば「インテリアコーディネーター」ではないでしょうか。インテリアコーディネーターは窓だけではなく、壁紙から照明などの調度品、住宅設備まで家全体のインテリア選びを丸ごとアドバイスする専門家です。

そして、実は「窓」を専門にした資格があることはご存じでしょうか。意外と知られていない気がします。でも部屋の中で占める面積が大きく、インテリアのイメージを大きく左右する窓装飾は興味がある方も多いはず!

そこで今回はブラインドやカーテンの専門資格「窓装飾プランナー」と、新たに創設された「窓装飾プランナーアソシエイト」についてご紹介します。

 

「窓装飾プランナー」とは

一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(現在は日本インテリア協会)が2014年に創設した専門資格です。カーテンやシェード、ブラインド、スクリーンなど、ウィンドウトリートメント全般の知識とセンスを持った上で、お客様のライフスタイルやニーズに合った最適な窓装飾を提案してくれる専門家です。

出典:NIF

窓装飾にはたくさんのアイテムがあり、部屋の条件や好みのデザイン、遮熱や遮光など欲しい機能、そして予算、と購入する側の悩みも多いもの。カーテンがいいのか、ブラインドがいいのか、ブラインドにしたいと思っているけどメリット・デメリットはどうなのか…あんなイメージにしたい、この色合うかな?などなど、聞きたいことがたくさんあるのではないでしょうか。

そのような疑問、質問、相談を聞いてくれて、答えてくれる、頼れる存在が「窓装飾プランナー」です。製品の知識だけではなく、インテリアや建築の知識、カラーコーディネート、コミュニケーション能力など、経験、知識、技能が求めらえる資格試験なので、「窓装飾プランナー」が在籍しているお店というのは安心して相談、購入できるひとつの基準にできると思います。

 

新しく「窓装飾プランナーアソシエイト」が創設

窓装飾プランナー資格試験は今年で第10回になるのですが、今年度から新たに「窓装飾プランナーアソシエイト」制度が創設されました。大きな違いは受験資格です。「窓装飾プランナー」資格を目指す、学生の方のための新しい制度で、受験資格は『学生』であること。

年齢、性別、学歴は問われないですが、高等学校、専門学校、短大、大学、大学院、通信制学校の生徒で、受験日に写真付きの学生証か在学証明書を提示できないと受験できません。「窓装飾プランナーアソシエイト」はインテリアの基本知識を主とした出題となるマークシート式試験(90分)で、合格すると「窓装飾プランナーアソシエイト」の認定を3年間受けられます。

出典:NIF

学生時代にこの認定を受けることで、認定期間内の就職活動で優位なのはもちろん、「窓装飾プランナー」のホームページに個人情報を登録すると、NIF会員企業、賛助会員企業、窓装飾プランナーのいる全国の有力インテリア専門店の求人情報を手に入れることもできるそうです。

しかも、例えば社会人になって認定期間内に「窓装飾プランナー」にチャレンジする場合、マークシート式90分+記述式40分の一般の130分試験とは違い、マークシート式は免除されて40分の記述式試験のみを受けて合格したら、正式に「窓装飾プランナー」資格を手に入れることができます。

 

まとめ

高い専門知識を求められる「窓装飾プランナー」資格、合格率は30%前後と確かに難しい試験ではありますが、年齢・性別・学歴・経験は不問なので、誰でも受験できます。学生であれば「窓装飾プランナーアソシエイト」に合格することで興味のあるインテリア業界への就職に有利になるだけではなく、自分の自信にもなると思います。

公式サイトから資格試験用のテキストが購入できたり、過去問題の解説も公開されているので興味がある方はぜひ覗いてみてください。

「窓装飾プランナー」公式サイト:https://www.nif.or.jp/window_treatment/

タイトルとURLをコピーしました