ブラインドのチルトギヤ交換方法(パーフェクトシルキー / ポール式) – タチカワブラインド編

[投稿日],

アルミブラインドには「チルトギヤ」と呼ばれる、操作棒の回転をスラット(羽根)に伝える部品があります。この部品が破損した場合、操作棒を回転させてもスラット(羽根)の角度調整ができなくなるため、修理をしていただく必要があります。メーカーに修理を依頼していただくこともできますが、タチカワブラインドでは遮蔽性・意匠性が高いアルミブラインド「パーフェクトシルキー」のチルトギヤを自分で交換する方法を公開されています。今回は「パーフェクトシルキー」の「操作方法:ポール式」の場合のチルトギヤ交換方法をご紹介させていただきます。

※ポール式とは、操作棒と昇降コードが別になった操作方法です。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 ポール式の操作画像

 

・チルトギヤを交換する前に

チルトギヤを交換するために、新しいチルトギヤを購入する必要があります。現在使用されている製品(パーフェクトシルキー)を室内側の正面から見た時、ボトムレールの右側上面に「メンテナンスシール」と呼ばれる製品情報を記載したシールが貼られています。ここに記載されている「メーカー名(タチカワブラインド)」「お問い合わせ番号」を、ブラインド購入店または販売店に伝えて、チルトギヤを新しく購入して下さい。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 メンテナンスシール位置

 

・チルトギヤの交換方法

対応製品:パーフェクトシルキー(操作方法:ポール式)
必要工具:精密マイナスドライバー、ラジオペンチ
必要部品:新しいチルトギヤ

※難易度は高度(☆5段階表示中の☆4)になり、ある程度製品の構造が分かっている上級者向けの内容です。

1.操作ポール側のユニバーサルリングの嵌合部隙間に、精密マイナスドライバーを差し込みます。テコの要領で嵌合部を引っ張り、操作ポールを外してください。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 ユニバーサルリングの嵌合部から操作ポールを外す

2.ボックスキャップを取外します。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 ボックスキャップを外す

3.ヘッドボックス上部のスラットを、横方向に引き抜いてください。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 ヘッドボックス上部のスラットを引き抜く

4.ヘッドボックス内のシャフトを固定している「Eリング」を、ラジオペンチでつまんで取外します。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 ラジオペンチでEリングを取外す

5.チルターカバーを上部に引き抜いてください。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 チルターカバーを引き抜く

6.シャフトをスライドさせ、チルトギヤから引き抜きます。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 シャフトをチルトギヤから引き抜く

7.チルトギヤをヘッドボックスから取り外して、新しいチルトギヤを同じ個所にセットします。

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チルトギヤの交換方法 チルトギヤを外し、新しいチルトギヤをセット

8.シャフトをスライドさせてチルトギヤにセットし直し、チルターカバーと「Eリング」を取付直します。その後、スラットとボックスキャップを戻してください。

 

・まとめ

横型ブラインド「パーフェクトシルキー」のチルトギヤ交換方法をご紹介致しました。操作棒を回転させてもスラット(羽根)が動かない時などは、チルトギヤが破損している場合があります。メーカーなどに相談いただき、チルトギヤが壊れていると特定できた場合は、修理を試していただくと良いのではないでしょうか。なお、チルトギヤの交換方法は難易度が高度になっています。修理に不安がある方は、ブラインド購入店または販売店を通してメーカーへ修理をご依頼くださいませ。

 

・関連記事

ブラインド操作部の交換方法(パーフェクトシルキー) – タチカワブラインド編

ブラインド操作チェーンの交換方法(パーフェクトシルキー) – タチカワブラインド編

 

タイトルとURLをコピーしました