ウッドブラインドは操作が重い?軽量でおしゃれなブラインドをご紹介

[投稿日],

ウッドブラインドは、多くの方が操作に重さを感じられます。なぜならスラット(羽根)の1枚1枚に木材を使用しているからです。また、木材には周囲の湿度を吸収・放出する機能があるため、反りや割れを抑えるためにスラットに厚みを持たせていたり、スラットの木目を綺麗に見せるために、幅が広いスラットを採用している製品がほとんどです。そのため、ブラインドの上げ始めは軽く操作を行うことができますが、上にあげるほどスラットの重みが操作にかかるようになります。すると、出入りのためによく昇降する窓などに取り付けた場合、操作が重くて憂鬱になるという方もいるでしょう。そうなっては、せっかく気に入って取り付けたブラインドでも後悔してしまいますよね。

では「アルミブラインドでは室内が冷たく見えて、オフィスのように感じる。」「ウッドブラインドのようにお洒落な雰囲気があって、操作感が軽いタイプのブラインドがいい。」といった方は、どういったブラインドが良いでしょうか?今回はデザイン性が高く、操作感が軽いタイプのブラインドをご紹介したいと思います。

 

・暖かみがある天然木タイプ

スラット(羽根)には天然木を使用しているけれど、操作感が軽いタイプのブラインドが欲しい。そんな方におすすめしたいのは「桐ブラインド」「バンブーブラインド」です。木材の中でも重量が軽い「桐」と「竹」を使用したウッドブラインドのため、ブラインド自体の重量が軽く、操作がとてもしやすくできています。また、天然木を使用しているので暖かみがあり、木材を使用している家具や床材と合わせやすいため、コーディネートしやすい特徴があります。

「桐ブラインド」
スラット(羽根)に「桐」の木材を使用しているウッドブラインドです。「桐」は日本で流通している木材の中でも、最も軽い部類に入る素材になります。狂いが少なく、熱を通しにくい・湿気に強いという特性があり、昔からタンスや引き出しの部材として使用されるほど優れた性質を持っているので、ウッドブラインドとしても使いやすさと高級感を感じる製品に仕上がっています。

トーソー TOSO ウッドブラインド 桐 施工写真トーソー TOSO ウッドブラインド 桐 スラットアップ写真
トーソー(TOSO) ウッドブラインド 桐

 

「バンブー(竹)ブラインド」
スラット(羽根)に「竹」の木材を使用しているウッドブラインドです。「竹」は成長がとても早いので枯渇しにくく、持続的に使用できるエコロジーな木材になります。私たちの暮らしに古くから深い関りのある天然素材になり、竹かごや扇子などにも使われるほど耐久性と柔軟性に優れ、非常に軽い特徴があります。ウッドブラインドとしても扱いやすく、製品の価格も一般的なウッドブラインドに比べるとリーズナブルで買いやすい価格になります。

ニチベイ ウッドブラインド クレール バンブースラット 竹 施工写真ニチベイ ウッドブラインド クレール バンブースラット 竹 スラットアップ写真
ニチベイ クレール バンブースラット

 

・デザイン性があるアルミタイプ

アルミブラインドは素材にアルミを使用しています。金属の中でも比較的軽い素材になり、透けることがないのでスラットの厚さを薄く作ることが可能です。つまり、ブラインドのサイズが大きくなっても操作を軽く行うことができるのです。しかし、シンプルすぎて無機質な印象を持ちやすいため、室内がオフィスのように冷たく感じるのではないかと心配される方も…。そんな方におすすめしたいのは、デザイン性があるアルミブラインド「木目調ブラインド」です。

「木目調ブラインド」
アルミブラインドに木目のプリントが施されているブラインドです。スラットに木目の柄を施しているので、木のスラットのような優しい雰囲気やあたたかみを感じることができ、室内をお洒落に彩ることができます。また、スラット(羽根)の素材にはアルミを使用しているのでとても軽く、スラットの厚さも薄いため、日々のブラインド操作を楽々行うことができるでしょう。木目柄を綺麗に見せたいという方は、ウッドブラインドと同じ「スラット幅50mm」の幅広タイプがおすすめです。

タチカワブラインド アルミブラインド アフタービート アルミ 木目柄 施工写真タチカワブラインド アルミブラインド アフタービート アルミ 木目柄 スラットアップ写真
タチカワブラインド アフタービート(ウッドライク) スラット幅50mm

 

・まとめ

いかがでしたでしょうか?操作が軽くてもアルミブラインドは無機質に感じる、デザイン性が高くてもウッドブラインドは操作が重く感じてしまう。そういった時はスラット(羽根)に「桐」や「竹」を用いたタイプや、「木目調ブラインド」を検討されると、自分に合ったブラインドを見つけやすいかもしれません。

また、一般的なウッドブラインド(バスウッド木材使用)を購入される場合でしたら、操作方法を「ループ式」や「チェーン式」などにされると、昇降操作を比較的楽に行うことができます。操作感の気になる方は、各メーカーのショールームなどでご確認くださいませ。ウッドブラインドを検討される際の参考になりましたら幸いです。

 

・関連記事

ウッドブラインドに使用される木材

トーソー(TOSO)ウッドブラインド新製品情報

ニチベイ「クレール・クレールグランツ」に竹のスラットが新登場!

 

・関連商品

ウッドブラインド 木製ブラインド 商品一覧 購入ページへ
ウッドブラインド(木製ブラインド) 一覧

タイトルとURLをコピーしました