ワンポール式のポール交換方法 – TOSO編

[投稿日],

アルミブラインドには、操作ポールの中に昇降コードが通る「ワンポール式」と呼ばれる操作方法があります。使いやすく人気のある操作方法ですが、長く使うことでポールに汚れがたまるなど、ワンポール部分だけを交換したい場合が出てくることがあります。TOSOでは「ワンポール式(ベネアル)」の操作ポール交換方法を公開されていますので、こちらをご紹介致します。

※難易度は高度(☆3段階表示中の☆3)になり、ある程度ブラインドの構造が分かっている上級者向けの内容です。

アルミブラインド ベネアル ポール交換方法 ワンポール式 使いやすくすっきりした見た目

対応製品:ベネアル15・25、ベネアル15・25浴窓、ベネアル15・25浴窓テンション、ベネアル25強風(2018年6月~販売分)
対象操作方法:ワンポール式
必要工具:マイナスドライバー

 

・操作ポールを交換する前に

操作ポールを交換する前に、新しい操作ポールをメーカーから購入しましょう。現在使用しているアルミブラインドを室内側から見て、ボトムレール右側の底面に「メンテナンスシール」と呼ばれる製品情報を記載したシールが貼付されています。こちらに記載されている「メーカー名」「生産日」「機種名」と「ポールの必要な長さ」をブラインド購入店に伝えて操作ポールを購入下さい。

(メンテナンスシールにQRコードが印刷されている場合は、QRコード対応の携帯電話で撮影することで携帯サイトにアクセスすることができ、製品情報を入手することもできます)

TOSO アルミブラインド ベネアル ポール交換方法 メンテナンスシール確認 新しいポールの購入

また、TOSOではパーツオンラインショップで部品の販売を行われていますので、ネットから操作ポールを購入いただくこともできます。※現在使用されている製品に、パーツショップの部品が対応していない場合があります。商品ページに記載されている対応機種、対応期間を必ず確認しましょう。わからない場合は、メンテナンスシールに記載されている「受注NO.」をメーカーや販売店に伝えて、対応しているかどうかを確認下さい。

▼TOSOパーツオンラインショップ
https://toso.shop-pro.jp/?pid=156239004

 

・操作ポール交換方法

1.操作ポールの先端(コードタッセル)の中にある、昇降コードの結び目を解き、昇降コードからコードタッセル部分を抜き出して下さい。

2.操作ポールジョイント部分の、ワンポール側の隙間にマイナスドライバーの先端を差し込んで下さい。ドライバーをひねると、ユニバーサルジョイントからワンポール部分が外れるので、ポールを抜き取って下さい。

TOSO アルミブラインド ベネアル ポール交換方法 ジョイント部分をドライバーでひねる ポールを抜き取る

3.新しく購入したワンポールを、昇降コードに通してください。

4.ユニバーサルジョイントの金属部突起と、ワンポールの先端にある丸い穴を片側ずつ順にはめ、連結させてください。

TOSO アルミブラインド ベネアル ポール交換方法 ポールにコードを通す ポールを金属突起にはめてジョイント

5.昇降コードを引いて、ブラインドが水平かを確認します。コードタッセルに全ての昇降コードを通し、端を玉結びにして完了です。

TOSO アルミブラインド ベネアル ポール交換方法 コードタッセルに昇降コードを通す コード端を玉結び

 

・まとめ

TOSOの「ワンポール式(ベネアル)」操作ポールの交換方法をご紹介致しました。上級者向けの内容となっていますが、作業内容はシンプルな内容となっています。最後の昇降コードを引く動作の際に、ブラインドが水平に昇降することが重要となりますので、丁寧に作業を行って下さいませ。作業内容にご不安のある方は、ブラインド取扱店に修理をご依頼されることをおすすめします。

※修理や調整に伴う事故・製品の破損につきましては、弊社は責任を負えません。可能な作業かを確認のうえ、慎重に作業を行いましょう。

 

・関連記事

ワンポール式のポール交換方法 – タチカワブラインド編

ワンポール式のポール交換方法 – ニチベイ編

タイトルとURLをコピーしました