新生活にインテリアについて考えてみませんか?

,


4月は新学期や新年度、入学・入社を迎える方が多く、入寮や新生活に向けて引っ越しをされる方も沢山いらっしゃるかと思います。この人生の節目ともいえる4月を、インテリア業界では「インテリア月間」として定めており、1994年に4月10日を「4月10日はインテリアを考える日」として制定されています。春の陽気なこの季節に、新しい生活とともにインテリアについて考えてみませんか?

 

・4月10日はインテリアを考える日

インテリアファブリックス関連販売メーカーの集まりである「一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(NIF)」は、多くの人々に自宅のインテリアについて考えていただきたいという願いを込めて、4月10日を「4月10日はインテリアを考える日」として定められました。

4月は季節の変わり目であり、入学・入社・新学期などの新生活が始まる月。10日は「じゅう」という読みから「住」を連想してもらうことで、変化する生活環境に合わせて、新しい生活空間にどんなインテリアが合うか考えたり、身の回りのインテリアを見つめ直すきっかけにして欲しいという思いから「4月10日」が選ばれています。この記念日のロゴマークには、窓辺のカーテンと花咲くチューリップが用いられており、春の陽気さと新しい生活を予感させるマークになっています。

4月10日はインテリアを考える日
https://www.nif.or.jp/410

インテリアを考える日 4月10日 NIF インテリアファブリックス協会 ピンクのチューリップ

 

・生活の変化

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、私たちの生活は大きく変化しました。拡大を抑えるために仕事はテレワーク中心、旅行や外出の自粛を余儀なくされており、自宅で過ごす時間が大幅に増えてきています。その時間が大きく増えたことで、これまでは気づきにくかった家庭内の不便さ、室内で快適に過ごすことの難しさ、室内に持ち込まれる菌やウイルスへの対策が課題として浮き彫りになったと実感する人も増えています。そのため、多くの方が室内環境を更に良くするために、リラックスできる室内への模様替えや抗菌・抗ウイルス製品(インテリア)の購入、スペースや導線確保のためのリフォームなどを”今”検討されているそうです。

インテリアを考える日 4月10日 NIF インテリアファブリックス協会 テレワーク

 

・窓辺を変えるとお部屋も変わる

新生活の始まるこの4月に、身の回りのインテリアを少し見直してみませんか?「インテリアを考える」と聞くと大袈裟にきこえてしまいますが、季節を感じる小物を取り入れてみる、家具の配置を変えて歩きやすくする、お部屋に少し緑を取り入れてリフレッシュできる空間にしてみるなど、身の回りにちょっと変化を加えてみるのです。すると、ちょっとした事でも、家で過ごす時間が増えたことで気持ちに大きな変化を与えてくれることを実感できると思います。

インテリアを考える日 4月10日 NIF インテリアファブリックス協会 観葉植物

もし、室内の印象を大きく変えたいと考えられた場合は、壁・床・窓周りなどを替えてみてください。これらは室内で占める面積が大きいので、室内の印象を大きく変えてくれます。しかし、壁や床を手軽に替えることは難しいでしょう。そんな時は、窓周りやラグなど比較的替えやすく、面積が大きい部分を替えてみて下さい。部屋の雰囲気がガラリと変わってくれるので、気分も明るくなり、室内へ戻るのが待ち遠しくなるのではないでしょうか。

インテリアを考える日 4月10日 NIF インテリアファブリックス協会 壁や床を替えると雰囲気がガラリと変わる

 

・まとめ

これまでもインテリアの専門店や販売店などでは独自のキャンペーンや販促宣伝活動が行われていましたが、今年はNIFも業界一体となって「4月10日はインテリアを考える日」のPRに取り組まれる予定です。また、当店のカーテンを販売している実店舗「カーテン卸館」も提携インテリアSHOPに登録しています。窓周りを模様替えをしたい、これから引っ越す予定の方などは、このキャンペーン中に利用されてみてはいかがでしょうか。

 

・関連リンク

カーテン卸館(オーダーカーテン専門店)

ブラインドマート(オーダーブラインド通販専門店)