ブラインドのスラット(羽根)交換方法 – ニチベイ編

,


ブラインドのスラット(羽根)が折れた時は、スラットを交換しましょう。ニチベイではスラットの交換方法を公開されているので、自分でスラットを交換することができます。スラットが曲がったままブラインドを使用していると、うまく昇降操作ができなくなり、別の場所が折れ曲がる可能性が出てきます。なるべく早めに交換していきたいですね。今回は、このスラット交換方法をご紹介いたします。

 

・スラット(羽根)交換の前に

スラットを交換するためには、交換用の新しいスラットを用意する必要があります。まず、ご使用されているブラインドのメンテナンスシールをご確認ください。(ヘッドボックスの左側底面、または裏面にあります)そのシールに書かれている「品名」「寸法」「色柄」を確認し、ブラインド購入店、またはブラインド販売店に内容を伝えて、スラットを必要枚数分購入しましょう。

メンテナンスシールの見方https://blind-mart.com/guide/405/

ニチベイ nichibei スラット交換 交換用スラットを用意 メンテナンスシールを確認 ヘッドボックス左側

 

・スラット(羽根)の交換方法

対応製品:セレーノオアシス・セレーノフィット・ユニーク(2017年6月~販売分)
必要工具:マイナスドライバー、ラジオペンチ、マジック等

※メンテナンスの難易度は3段階に分けられており、「スラット交換方法」は2段階目の中程度の難易度になっています。修理に伴う事故や破損について、弊社では責任を負えません。メーカーなどに問合せするなど、可能な作業かを確認し、慎重に作業を行ってください。

——————————-

①ブラインド下部のボトムレール下側についているラダーホルダーを、マイナスドライバー等で取り外してください。
②ボトムレール内からペンチ等で昇降コードを引き出します。後から結び目の位置が分かるよう、結び目のすぐ上にペンで印を付け、結び目をほどいてください。

ニチベイ nichibei スラット交換 ラダーホルダーを外す 昇降コードを引き出す 結び目に印を付ける

③交換したいスラットの上段まで、昇降コードをスラット穴から引き抜きます。
④交換したいスラットをブラインドから引き取りましょう。

ニチベイ nichibei スラット交換 交換スラット位置まで昇降コードを引き抜く スラットを引き抜く

⑤スラットを抜き取った位置に、新しく交換するスラットを差し込みます。そして、そのスラット穴に昇降コードを通してください。この際、昇降コードはラダーコードの中段に対して、他の昇降コードと同じ位置で、10本程度ごとに交差するようにしながら、昇降コードを戻していきます。

ニチベイ nichibei スラット交換 新しいスラットを差し込む 昇降コードを通し戻す

⑥全てのスラットに昇降コードを通し終わったら、ボトムレールの穴に昇降コードを通し、②で印を付けた位置で結び目を作りなおし、ボトムレールの中に戻します。
⑦①で取り外したラダーホルダーをボトムレールに取付けなおしてください。その際、下図のようにラダーコードを束ねているファスナークリップ部分を、ラダーホルダーのスリット部に確実に取り付けるようにしてください。

ニチベイ nichibei スラット交換 印位置に結び目を作る ラダーホルダーを付け直す

 

・まとめ

ニチベイの「セレーノオアシス」「セレーノフィット」「ユニーク」のスラット交換方法をご紹介いたしました。交換については中程度の難易度となっていますが、比較的わかりやすい作業手順かと思います。⑤手順目での昇降コードを戻す際に行うコード交差や、⑥手順目での結び目の作り直しが重要になってきますので、スラットを交換される際は慎重に作業を行ってくださいませ。

 

・関連記事

ブラインドのスラット(羽根)交換方法 – タチカワブラインド編