木製ブラインド「フォレティアシェイディ」の独自構造で光漏れを抑える

,


タチカワブラインドの木製ブラインドには、「フォレティア」「フォレティアシェイディ」「フォレティアエグゼ」の3種類があるのを皆さんご存じでしょうか。「フォレティア」は標準タイプの木製ブラインドになり、スラット(羽根)に昇降コードを通す穴が開いているタイプです。これと反対の仕様になるのが「フォレティアエグゼ」になり、スラットに昇降コードを通す穴を開けないことで、高い遮蔽性を実現したタイプです。

先に挙げた2つとは異なるタイプが「フォレティアシェイディ」という製品なのですが、こちらは標準タイプの「フォレティア」とほぼ同じ価格なのに、スラットからの光漏れを低減した製品になってます。今回は「フォレティアシェイディ」のメリットとなるポイントをご紹介いたします。

タチカワブラインド 木製ブラインド フォレティアシェイディ

 

・高い遮蔽性

タチカワブラインドの「フォレティアシェイディ」は、独自の構造でスラット穴からの光漏れを低減した木製ブラインドです。従来の木製ブラインドは、スラット同士の重なり部分を作ることで外からの光漏れを抑えています。「フォレティアシェイディ」ではその部分を利用し、スラット同士の重なり部分に昇降コードを通す穴がくるよう、室外側よりにコード穴位置を設計。すると、スラット同士の重なりで昇降コードを通す穴が隠れることとなり、光漏れが大幅にカットできる仕組みになっています。また、コード穴も最小限まで小さくしているので、スラットをしっかり全閉した際にはさらにコード穴が目立たなくなり、意匠的にも機能的にも高い遮蔽性を実現しています。

 

・木目の美しさを楽しめる

「フォレティアシェイディ」は、標準タイプの「フォレティア」と比較して、高い遮蔽性を実現しています。しかし、カタログ上の価格は標準タイプの「フォレティア」とほぼ同じ価格になっており、お手頃な価格帯の製品になっています。では、標準タイプの「フォレティア」と違うメリットは何なのか?それは、高い遮蔽性を実現しているため、木製ブラインドにラダーテープなどを取り付けて、コード穴からの光漏れを抑える必要がないことです。

そのため「フォレティアシェイディ」では、ラダーテープを選んで取り付ける「ラダーテープ仕様」を選択することができません。しかし、木製ブラインドの木目を楽しみたいから、ラダーコード仕様の木製ブラインドを購入したい!というお客様にはとてもおすすめの製品なのです。

タチカワブラインド 木製ブラインド フォレティアシェイディ お手頃価格 ラダーテープは無し

 

・まとめ

タチカワブラインドの「フォレティアシェイディ」をご紹介いたしました。スラットのコード穴位置を変えることで、スラットからの光漏れを最小限に抑えてくれる画期的な木製ブラインドです。また他にも、遮蔽性を上げるためにヘッドボックスに光漏れを防止するツバを取り付けたり、スラットをしっかり立てて閉じることができるようラダーコードの構造を変更するなどの手法がとられており、従来の木製ブラインドよりもしっかり光漏れを抑えてくれます。「フォレティア」を検討されている方は、遮蔽性の高い「フィレティアシェイディ」も検討されてみてはいかがでしょうか。