ブラインドの丈つめ方法-タチカワブラインド編

,


ブラインドを購入したけれども、窓枠の中にブラインドが入りきらない、他で使用していたブラインドを使いたいけれど、丈が長いので少しだけ自分で短くしたい。以前はブラインドの「幅をつめる方法」をご紹介いたしましたが、自分で「丈をつめる方法」もタチカワブラインドより公開されています。「高さ調整機能(少しだけ短くする)」と、「丈つめ方法(工具を使用して短くする)」がありますので、内容を確認していきましょう。

 

・高さ調整機能

少しの高さ(1ピッチ分)であれば、コインを使用してブラインドの高さを調整することができます。

対応製品:シルキー、シルキーカーテン(平成12年4月以降の販売商品)
必要工具:コイン(硬貨)

1.ボトムレールの下側についているテープホルダーのダイヤルをコインで右回転に回すと調整できます。
※ダイヤル1/4回転で約5mm製品高さが縮められます。
2.縮めすぎた場合は左方向に回して、巻取られたラダーコードを引っ張り出してください。

 

・丈つめ方法

工具を使用して丈をつめる方法です。難易度は中程度になり、DIYが得意な方向けの内容となっております。

対応製品:シルキー、シルキーカーテン
必要工具:メジャー、マイナスドライバー、はさみ、ラジオペンチ

タチカワブラインド:丈つめ方法
 

1.丈をつめたい長さをメジャーで計り、テープなどでスラットに印をつけます。
2.ボトムレール下側についているテープホルダーを、先端が細いタイプのマイナスドライバーで取り外します。
3.ボトムレール内から昇降コードを引き出し、出てきた結び目をほどきます。

タチカワブラインド 横型 アルミブラインド 丈つめ方法

 

4.印を付けたスラットの位置まで昇降コードを引き抜きます。
5.印を付けた位置から下のスラットを全て引き抜きます。
6.印を付けたスラットがあった位置に、ボトムレールを取り付けなおします。

タチカワブラインド 横型 アルミブラインド 丈つめ方法

 

7.ボトムレールから下の余分なラダーコードをはさみで切り取ります。
※ボトムレールのすぐ下を切らず、1~2cm残して切ります。
8.ボトムレールの穴に昇降コードを通し、結び目を作った後にボトムレールの中に戻し入れます。
9.ボトムレールにテープホルダーを取り付けなおします。高さ調整機能がついているテープホルダーは、ラダーコードをセットして写真のように取付けます。

タチカワブラインド 横型 アルミブラインド 丈つめ方法

 

10.操作側のイコライザーを外し、ボトムレールが水平になるよう昇降コードの長さを調整して結びなおします。余分なコードはハサミで切り取りましょう。

タチカワブラインド 横型 アルミブラインド 丈つめ方法

 

・まとめ

ブラインドの丈つめ方法をご紹介しました。内容自体は余分なスラットを抜いて、余分なコード分を切り、元に戻すかたちになります。しかし、コードを切ってしまうと最初の長さに戻す事が出来なくなるので、短くする長さを間違えないよう注意して作業しましょう。また、修正後は、ブラインドが斜めに畳みあがる場合があります。上記手順の10番にて、ブラインドが水平に畳みあがるよう、しっかり調節を行うようにしましょう。

※修理や調整に伴う事故・製品の破損につきましては、弊社は責任を負えません。タチカワブラインドなど、ブラインドメーカーに問い合わせするなどして、可能な作業かを確認のうえ、慎重に作業を行いましょう。